あまりにも低すぎる、保育士の不服は一般的にサラリー面

スタティスティックスデータを用いて、育児やエデュケイション訓練に絡んだ 「二つの疑い」に 受答するシリーズ物。待機児童問題と一緒に、保育士の人手不足の後景にある保育士の処遇の悪化が関心を持たれています。それらの問題の中でも保育士の報酬について、データから解読して行きたいです。

今回は、「保育園落ちた日本死ね!!!」という匿名ブログ活動などをしている武蔵野大学講師の舞田敏彦などの話題をまとめてみました。

有期契約労働者の9割以上が年収200万円未満、正規雇用でも6割が年収300万円未満

武蔵野大学講師の舞田敏彦の「保育園落ちた日本死ね!!!」という本名を伏せたブログがサブジェクトになり、政治を行うまでになり、「#保育士辞めたの私だ」というツイッター投稿も有名です。保育所の人手不足と保育士の処遇の酷さのプロブレムでは、双方が連絡しあっています。

保育士が集結しないから、保育所を増やすことができない。そうなるのは、報酬が破格値だからです。今回はそれを、グラフでビジュアライズします。東京都の保育士実態調査のデータグラフだと(2013年の夏、都内で就業している保育士に年収結果)保育士の正規職員が6割、有期フルタイムが1割、有期パートが3割です。

また、これら3群の比重表現もあります。有期パートでは9割以上が年収200万円未満で、正規職員でも6割が年収300万円未満です「ここまで低いのか、それも東京で」という感じです。これじゃあ、保育士のなり手はそういないだろうな、と思います。

不服はいちずに報酬面

ただ今、保育士の報酬への不服感は、キャピタルリサーチだと、10の項目の評価と満足度を問い掛けています。10項目のうち8項目は、不服より承服のレートがもっと高いです。勤務時間や仕事場の対人関係などは、保育士の承服度は高いです。不服は、直向に報酬面に集結しています。

また、これほど理解しやすい仕事場も異色です。10項目のうち承服度が最高なのは、職務のやりがいです。

現役保育士の7割以上が「満足」だと主張しています。人命を預かり、人生初期の人格形成に関連する重大な職務です。専門性も要求され、誰でもはできません。やりがいの承服度は高いです。

自分は崇高な仕事をしているという誇りも感じられます。それだけに、心底に巣くっている報酬への不服を表現しづらいかもしれません。「威圧的な職務を、金目あてなのか」と言われそうで。日本の保育の職場は、保育士達の「やりがい」センチメントに支援されています。

しかし、やりがいだけでは生活はできません。

できれば、いくら給料が低くてもなるべくいい保育園などに転職した方がいい場合もあります。

こちらのサイトでは様々な、保育園専門の転職・求人サイトを比較しております。

参考  保育士転職サイトランキング@失敗しないための求人情報ガイド

転職を考えている方は参考にしてみては?