保育士の転職の注意点と転職の理由5選について

日々子どもの発達を間近で感じることができるやりがいのある職務、保育士。けれど、仕事場での煩雑や報酬面などで転業を思考する保育士も実際問題多いようです。保育士が転業を思考する訳合いや、転業にあたって気をつけたいことなどを、元保育士の立場からまとめてみます。

どんな時に保育士は転職を考えるのでしょうか?そして、転職をする際に注意して見守りたいこととはいったい何でしょうか?

保育士の転業の訳合い

保育士の転業の訳合いとしては、

●職場でのトラブル→先生同士の意思疎通が不可欠ですから、職場のメンバーにすぐに馴染めないのは保育士には向かないです。
●保護者とのトラブル→保護者との関係が駄目で辞職をする保育士も多いです。
●給料が安い→保育士は国家資格です。ナースもそうですが、ナースと引き比べてみると給料は大変低いです。
●勤務時間→児童達の帰宅後には、明日の支度、行事の支度、日誌を書いたり、実にやることがいっぱいあります。かなりハードで残業や持ち帰り仕事もあります。
●体調を崩す→子どもを抱きながら走ったりはしょっちゅうだし、子供の目線に合わせるために保育士は腰をかがめることも多く、腰痛の人も多いです。その他、子供の病気の(インフルエンザなど)もうつりやすく、体がつらくて転職を考える人もいます。

といった5つの点が挙げられます。

保育士の転職時の注意点

保育士の転職時の注意点としては、

●退社理由に気をつける
●中途半端な時期に辞めない

といった2点が挙げられます。

また、どうしても転職したくなったら、まずは「本当に転業するのが良いか」、冷静に考えてみましょう。資格をいかすと良いでしょう。また、転業をする際は、これまで働いていた職場に極力迷惑をかけないように退職できるとベストです。さらに、次の仕事場は慎重に吟味しましょう。気まぐれで選ぶと、また一年後に転業、という事態に落ち込むともあります。自分にピッタリの仕事場がベターです。今日では、保育士の転業が専門の仲介者もあります。おススメの保育士転職サイトは《保育ひろば》で業界でもトップレベルの求人数です。情報量が多く、利用しがいがあります。バタバタと 転業してしないで、自分にとってベストの仕事場を選定して下さい。